赤ら顔専用化粧水で最も売れている「白漢しろ彩」
酒さにも効果があるのでしょうか?

白漢しろ彩の効果、口コミ、お得に購入できる販売店情報
筆者が実際に使用したレビューも含め、
「白漢しろ彩」に関する情報を集めました!

白漢しろ彩の公式サイトはこちらです↓↓↓
酒さにも効果!毛細血管拡張を鎮める
赤ら顔専用化粧水「白漢しろ彩」公式サイトはこちらから>>

白漢しろ彩は酒さの症状にも効果があるの?
しろ彩で酒さが改善できるの?

酒さという皮膚疾患があります。
原因はさまざま言われていますが、現状では、全てが解明されてはいない
とても難しい皮膚疾患だと言われています。

結論から言うと、白漢しろ彩を毎日使用することで
酒さの症状を緩和することが可能
です。

白漢しろ彩にふくまれている「地中海エキス」には
毛細血管の炎症を鎮め、
毛細血管の血流を正常な状態に戻す働きがあるからです。

ただし、白漢しろ彩は医薬品ではありませんので、
しろ彩だけで「皮膚疾患としての酒さ」を完治させる・・
という意味ではありません。

酒さを治すには、正しく皮膚科医に診察を受け、
皮膚科医に処方してもらった薬を使用しながら、更には生活改善や、食生活の改善、
腸内環境の改善なども含めて、総合的に取り組んで行く必要があるからです。

とはいえ、しろ彩を毎日使用することは、
酒さ・赤ら顔の改善にはとても効果的。

もし、今違う化粧水を使用しているなら、
まず化粧水を「白漢しろ彩」に変えてみることをおすすめします。

皮膚の内側からしっかり保湿し、
毛細血管の炎症を沈めて、セラミドを補ってあげれば
今の顔の赤みはかなり軽減されるはずです。

根気強くしろ彩でスキンケア取り組んでみてくださいね。

公式サイトからの購入がもっともお得。
万が一、お肌に合わない場合は返金保証も付いているので
安心して始められますよ!

しろ彩の詳細・ご購入はこちらをクリック↓↓↓
酒さにも効果!毛細血管拡張を鎮める
赤ら顔専用化粧水「白漢しろ彩」公式サイトはこちらから>>

酒さの症状と特徴は?
ただの赤ら顔と酒さはどこが違うの?

画像出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/463230/

「酒さ」はお酒を飲んで顔が赤くなったように見える皮膚疾患です。
酔っ払っって赤くなったように見えることから「酒さ」と呼ばれています。

大きなくくりでは酒さは「赤ら顔」の一種ですが
敏感肌とは異なり皮膚の病気に分類されます。

見た目の赤さに加えてヒリヒリした刺激感を伴うことが多く、
単に、「敏感肌」と思い込んでしまい、対処の遅れから
症状を悪化させてしまう方も多いのです。

頬、顎、鼻にニキビのような赤いボツボツを伴った酒さもあり、
単純に顔が赤く見える「赤ら顔」毛細血管の拡張だけではないタイプもあります。

また、赤みですが、鼻・頬・顎を中心に赤みが左右対称に出現するタイプと、
ニキビのような赤いぶつぶつが現れるタイプに別れますが、
両方が同時に出現することも多いです。

酒さは顔だけに発症するので、体にできている赤みやボツボツは
酒さではありません。

顔の表面の毛細血管が炎症を起こして拡張し、
赤みやブツブツが現れ、毛穴の周りも炎症を起こす症状になります。

酒さの原因は?


紫外線、辛い食べ物、ストレス、アルコールの大量摂取、過度な疲労が原因となって
酒さによる赤ら顔が悪化すると言われています。

なぜ顔の表面の毛細血管が拡張してしまうのか?
血管や毛穴の周りに炎症が起きるのか?
と言う直接的な原因・因果関係は分かっていません。

酒さは日本人よりも白人に多いことからも、
遺伝的な原因や日差しによる影響が考えられます。

白人の方がメラニン色素が少なく、
日差しのダメージを受けやすいと言われています。

また、何らかの原因で皮膚表面の免疫に異常が起きて炎症を起こしてしまうことや
デモデックス(Demodex)と呼ばれる「毛穴に生息するダニ」が
原因になっている可能性もあると考えられています。

酒さの治療の遅れに関しては、
まだ日本では酒さ治療剤が認可されていないことも指摘されています。

現在認可されている薬と、生活習慣の改善、
日焼け止めなどの市販薬を組み合わせて
対処するのが現時点での最善の対策法となります。

また、食生活を見直して
乳酸菌を積極的に取り入れて
腸内環境を整えることも酒さ対策には有効です。

また、酒さには血管が開いて血管の赤みが見えてしまう症状と、
毛穴が炎症を起こしてボツボツになる症状の2つがあリます。
これは、症状に対してそれぞれ異なる治療が必要です。

赤いボツボツの症状にはニキビに近い治療が有効ですが、
赤みにはぬり薬や飲み薬が効きにくいので、
レーザーや光治療が必要と言われています。

ボツボツの場合も、
赤みが透けて見えてしまう場合も
しろ彩を毎日使うことは有効なケア方法の一つと言えます。

酒さを悪化させる習慣を避ける

紫外線、辛い食べ物、精神的ストレス、汗といった
「酒さを悪化させる習慣と要因」
を避けるように心がけることが酒さ改善の第一歩です。

また、下記の二つも有効な方法と言えます。

・日焼け止めで日光による影響を避けること
・保湿剤を塗って皮膚を保護すること

紫外線は酒さを悪化させる最大の原因になります。
また、酒さの皮膚は乾燥しやすいことが知られているので、
保湿剤を塗ることは有効です。

しろ彩は通常の化粧水とは異なり
酒さを始めとるす「赤ら顔」の改善のために開発された化粧水。

保湿成分、保湿効果が非常に高いので
酒さでお悩みの方は、レーザー治療の前に
しろ彩を試してみてくださいね。

白漢しろ彩の詳細・公式サイトはこちらからご確認ください↓↓↓
酒さにも効果!毛細血管拡張を鎮める
赤ら顔専用化粧水「白漢しろ彩」公式サイトはこちらから>>

白漢しろ彩を使用した人の口コミを調べてみました

大手口コミサイト
@コスメのしろ彩の口コミを調べてみました。

226件の口コミが寄せられ
総合ポイントは5.2ポイント(7ポイントが満点)と
非常に高評価です。

最初のうちは急激に良くなった訳ではないけれど、
毎日のケアに白漢しろ彩使用していくと
3日ぐらいから赤みが消え始めました。

お肌のキメが整い出したので嬉しいし、驚きです。
乾燥しやすい冬でも白漢しろ彩なら乗り切れそうです。

はじめて頬に付けたら
ちょっとピリピリしました。

ですが、繰り返し使っていくうちに
ピリピリする感じは無くなりました。

1週間ぐらいの毎日の使用で
頬の赤みがずいぶん薄くなりました。

こんなにスグに効果が出るとは予想していなかったので
正直びっくりです。

これからも白漢しろ彩でスキンケア
続けていきたいと思います。

肌が薄いので、他のヒトより赤みが目立ってしまう私。
ダメ元でしろ彩を購入してみました。

合うか合わないか分からないので、
使ってみましたが、残念ながら
私には湿疹が出てしまい合いませんでした。

低刺激とのことですが、
やはり合う合わないはあるんですね。

毛細血管拡張症で頬の赤みが気になるのと、
もともとのアトピー性皮膚炎もあり、ずっと悩んでいました。

皮膚科に通っても、改善する様子が無かったので
薬をやめて、しろ彩に切り替えてみました。

使って2ヶ月位ですが赤みが引きました!

今まで自分でも実感できるほど赤みが引く化粧品は
無かったので嬉しいです。
しろ彩、リピ決定です♪

赤みに有効という化粧水しろ彩。
2週間ほど使いましたが
赤みが薄くなった実感はまだなし。

効果が出ることを期待しまだ、しばらく使って見ます。

個人的にはもう少しテクスチャーは
ペタッとするくらい重たいの方が
保湿されている感じがして好きかも。

敏感肌で赤みが気になる事があるんですが、
しろ彩を使い始めたら普段より頬の赤みが気にならなくなってきました。

しろ彩は他の化粧水と比べて
保湿力が高くモチモチ肌になりますよ。

付けた時の付け心地も良い。
個人的にはお肌への相性もよかったです。

鼻の赤みがずっと酷く、
気になっていたのですが、
毛細血管の炎症が原因とは知りませんでした。

しろ彩を使い出してから、
毛細血管の炎症が鎮まり
赤みも目立たなくなってきました。

すっぴんでも気にならないレベルまで回復できたので
嬉しいです。

白漢しろ彩口コミまとめ

赤ら顔や酒さの症状によってもちろん個人差はありますが
早い方で1週間~襲い方で2~3か月で顔の赤みが引いて
症状が改善されたという声が圧倒的に多いです。

中には、肌に合わなかった。
ヒリヒリしてしまった。
という声もありましたが、ごく少数。

口コミを見る限りでは、お肌のコンディションを
根本から改善し、良い状態に導いてくれる実力のある化粧水だと言えます。

白漢しろ彩の詳細・公式サイトはこちらからご確認ください↓↓↓
酒さにも効果!毛細血管拡張を鎮める
赤ら顔専用化粧水「白漢しろ彩」公式サイトはこちらから>>

白漢しろ彩、ULUウルウどちらがいいの?

しろ彩と同様に赤ら顔、酒さ専用の化粧水として人気のあるULUウルウシェイクモイストミルク。
ウルウも赤ら顔専用に開発された化粧水なので、しろ彩にひけをとらず根強い人気です。
しろ彩のちょっとペタペタした感じのテクスチャと比較すると、ウルウはサラサラな化粧水と言えます。

実際に使ってみると保湿力はどちらもほぼ互角。優れた保湿力があります。
特筆すべきはULUウルウは一切の添加物を使わない本当の「完全無添加化粧水」という所。
界面活性剤どころか、防腐剤すら使われていません。
ULUウルウの浸透の秘密は「イオンの力で浸透させられる特殊浸透水」を使用しているんですね。
なので、お肌に一切の負担をかけることなく、ダメージ肌を回復させるためのセラミドを含む有効成分を角質層まで確実に届けてくれるという訳。
よくネット上でもしろ彩、ULUのどちらが良いか?どちらが効果が高いか?が話題になっていますが
どちらも赤ら顔、酒さ、敏感肌専用の化粧水として作られており、実力的にはどちらを選んでも問題ないと思います。
強いて言えば、ULUの方が完全に無添加なので、肌ダメージが酷い方でも、安心して使えると言えます。

お値段的には、若干しろ彩のほうが高く、コスパを考えたらウルウの方が続けやすいという声も。
筆者の個人的な感覚では、軽度な酒さや赤ら顔の方はしろ彩。
からりヒリヒリが酷い状態の方はULUウルウを使用した方が良いと思います。